sNavi (エスナビ)|アプリ作成サービスsNavi (エスナビ) 公式サイト > アプリ・業界ニュース > 【余剰在庫や当日の空席をクーポンで売上に転換する!】

【余剰在庫や当日の空席をクーポンで売上に転換する!】


【余剰在庫や当日の空席をクーポンで売上に転換する!】

12-24

≪売上の落ち込みを最小限に抑える「ロス解消」クーポン≫
季節や曜日、過去の売上データなどから、商品やサービスの在庫管理をしている店舗は多いでしょう。しかし、小売店なら、今日はこのくらいの商品が売れると 見込んでいても売れ残りが出たり、サービス業なら来店客数の増加を見込んでスタッフを配置していても予約が入らなかったり、想定していたより客足が伸びな い場合もあります。
その時はsNaviを使ってタイムリーに集客を狙ってみましょう!sNaviのリアルタイム性を活かせば、刻々と変化する店舗の状況に合わせて機会損 失(ロス)を補うクーポンを柔軟に配信できます。このような「ロス解消」クーポンを使えば、店舗側は「何もしなければ本来ロスになってしまう商品や空席を 売り上げに変える」ことができ、お客様側は通常より商品を安く購入したり、追加サービスを受けたりと、双方が得をすることができます。

≪店舗とお客様が両方トクをすることが大切!≫
とある美容室では、翌日の予約数をチェックし、まだ予約の埋まっていない時間帯限定で使用できるクーポン配信しています。明日16-18時の間にご来店頂いた方限定でシャンプ&トリートメントをサービスします!」というような案内を流し空いている時間帯を埋めています。
また、とあるパン屋さんでは、当日のパンの在庫に合わせて「まとめ買い」クーポンを発行します。パンは売れ残りの場合、翌日に商品を繰り越すことができな いため、在庫は全てロスになってしまします。そこで、想定より多くの在庫が残ってしまった時に、閉店までの売れ行き見込みを立てて、アプリ限定のクーポン を配信します。
クーポンはお客様に喜んでもらえるものではなりません。店舗側にだけ都合がいい売れない商品の在庫処分や特典のない予約促進ではお客様は来店してくれません。店舗だけでなく、お客様にもメリットのある内容を深く考えましょう!

≪「タイムセール」を隠れて実施できるメリット!≫
「ロス解消」クーポンにはもう1つ大きなメリットがあります。それはアプリ会員以外にはセールの存在を知られない」ということです。夕方や閉店間際の時間 に、商品の割引を行うことで購入促しています。しかし、この方法のデメリットとなることは、毎日のように行っていると、タイムセールの時間帯を狙って来店 することが浸透してしまうことが挙げられます。これが常態化してしまうと、お客様が価格の下がる時間帯にしか来なくなり、結果とて平均客単価を下げてしま うことになりかねません。
sNaviによる配信であれば、登録したお客様以外にはセールを実施している事はわかりません。いつもタイムセールをしているお店というイメージを公に することなく、アプリを登録するメリットを作りだすことができます。この隠れたタイムセールもsNaviによるクーポン配信の一つの大きな魅力です。

集客・販売促進スマホアプリ作成サービス
【sNavi】http://snv.club/

ページトップボタン

各種お問合わせ