【最初の目標は100人】


【最初の目標は100人】

1214
運用の準備が整ったら、「メッセージ配信!」っといきたいところですが、アプリ会員が1人もいなければ意味がありません。まずはどのくらいの数のアプリ会 員を獲得するべきか、目標を決めましょう。アプリを開始したばかりのころは、思い通りに友だちが増えていくとは限りません。最終的に1万人のアプリ会員数 を目指すにしても、最初のステップとして100人のアプリ会員数の獲得する事を目標にしましょう!この最初の100人は誰でもいいわけではありません。店 舗にとって重要性の高いお客様をターゲットにして獲得していく必要があります。「繋がりたいターゲットを集め、そのターゲットを効果的に店舗に集客する」 sNaviでより高い効果を出すには、これが最も大切です。

≪100人獲得する単位度はターゲットによって変わる≫
sNaviのアプリ会員獲得の難易度はターゲットによって変わります。もっとも難易度に影響があるのは、ターゲットの来店頻度です。ここでは、来店頻度を軸に、ヘビーユーザー、ミドルユーザー、ライトユーザー3つのランクに分けてご案内します。

最もアプリ会員になってくれる可能性が高いのはヘビーユーザーです。来店頻度や購入金額も高く、テンポの事が大好きなお客様です。アプリの存在に気づけ ば、抵抗なく登録してくれるでしょう!ヘビーユーザーをターゲットとする店舗にとって100人のアポリ会員獲得はそれほど難しいことではないでしょう。

次に狙いたいのは、来店頻度は高くありませんが、定期的に店舗に顔尾出してくれるミドルユーザーです。ヘビーユーザーになってもらうために、力を注いでアプローチしたい層のお客様です。

そして、最も人数が多い一方で、アプリ会員獲得が難しいのがライトユーザーです。来店頻度は低く、接触機会が少ないうえに、店舗に定着していないため他店に流れていきやすいお客様です。

100人の獲得を目標とした場合、ヘビーユーザーから獲得していけば、順調にアプリ会員数は増加していくでしょう!見ミドルユーザー、ライトユーザーを ターゲットとする場合には時間がかかります。様々なキャンペーンを展開する必要があることでしょう。ただし、このミドル層ライト層を多く獲得できれば、店 舗への集客効果は抜群です。

≪段階を踏んだステップを意識する≫
100人のアプリ会員数を獲得できたら、1,000人、2,000人、5,000人、1万人と徐々に目標数値を高めていきます。sNaviは低コストで 一斉にアプリ会員に情報を届けることができるだけでなく、高い集客力を兼ね備えています。そのsNaviならではのだいご味を感じるためにも、継続的か つできるだけ短期間でアプリを成長させていきたいところです。
一方で、いきなり「1万人獲得!」と大きすぎる目標を掲げてプロモーションを展開し過ぎると、割引きクーポン目当てのお客様ばかりを一時的に増加させることになり、後々、レスポンスの低下、クーポン等のコスト負担増加の要因ともなります。

過去の予約履歴、スタンプカードの利用状況やポイントカードの履歴など、お客様に関する情報もヒントにしながら、店舗がターゲットとしたいユーザーから着 実に登録してもらうことを目標としましょう。さらに、それぞれのアプリ会員数に到達した時点で、しっかりターゲットを獲得できているかを振り返ってみま しょう。気が付けばターゲットがほとんど獲得できておらず、運用コストばかりかかっていたということにならないように気を付けていきましょう。

1万人近くなると、ミドル層、ライト層の「ユーザーが多く含まれるようになります。その場合でも、お客様と良好な距離感で関係を継続して成長を目指しましょう!

集客・販売促進スマホアプリ作成サービス
【sNavi】http://snv.club/

ページトップボタン

各種お問合わせ